カテゴリー
マジック

一番すごいマジックのジャンルはなにか?

マジックには色んな種類がありますが一番凄いマジックはどの種類(ジャンル)のマジックなのでしょうか?

マジックにはクロースアップマジックやパーラーマジック、ステージマジックやイリュージョン、メンタルマジック、カードマジック、コインマジックなどなどたくさんの分類によるマジックがあります。

大きく分けると近くで見るクロースアップマジックと劇場などで見るイリュージョンマジックの2つがあります。

近くで見るクロースアップマジックと劇場などで見るイリュージョンマジックはどちらも人気のあるマジックのジャンルですがどちらが凄いのかと言われたらどちらなんでしょうか?

そもそも凄いの基準をどう決めたらいいのでしょうかね。

結論を先に書くとどちらも凄いということになってしまいますがそれだと面白くないので優劣をつけてみたいと思います。

私はどちらがすごいかといえばクロースアップマジックが凄いと答えます。

観客からの距離

それはやはり遠いよりも近いほうがすごく感じるというのはどんな場合でも当てはまる真理だと思います。

コンサートを最前列で見るのと2階席で見るのではやはり印象がちがうでしょう。

格闘技なんかでも近いほど迫力があるでしょう。

マジックもこれは当てはまると思います。

実際に体験できるか?

実際に体験できるかどうかも凄いに関係してきます。

例えばステージ上のマジシャンが空中に浮いたとします。これはすごいマジックです。なおかつ自由に飛び回るかも知れません。これ以上のマジックはあるでしょうか?

もし仮にこれをお客さんが体験できたらどうでしょうか?

やはり実際に体験出来る方がすごく感じると思います。

クロースアップで空中を浮くことはしませんがやはり体験ができるクロースアップは視覚が主体のイリュージョンよりもすごく感じると思います。

例としてアダルトビデオで凄く可愛い子がやっているのを見て興奮するのもいいですが実際に風俗に行って体験するほうがインパクトでは上なわけです(風俗嬢の容姿が劣っていたとしても)。

まあどちらもいいものですが。

例が悪かったですかね?

例えばジェットコースターで絶叫しているのを見ているだけで恐怖が伝わってきますがやはり実際に乗車するのにはかないません。

例えばジェットコースターの実際の映像を大画面で見たとしたらこれはかなり実体験に近づくかも知れませんがそれでも実体験を超えることはないでしょう。

使えるトリックの種類

マジックにはあまたのトリックが存在しています。

クロースアップではいくつものトリックを駆使してお客さんを騙します。

イリュージョンはどうでしょうか?

イリュージョンは視覚が主体です。

これはマジシャンからするとかなりの制約です。あまたあるトリックの中から視覚的なトリックを中心にしてしか使えないのです。

また、視覚ですごい映像はイリュージョン以外にもたくさんあります。

SFの映画や3Dなど視覚のすごい映像には慣れていたりします。

視覚では錯覚のトリックアートや同じ長さには決して見えない線が重ねると同じ長さだったり、絶対に違うサイズに見える円が同じサイズだったり違う濃さに見える2つの色が重ねてみると同じだったり、こういった視覚のトリックを使ったアートや遊びを私達は常日頃経験しているので視覚で起こった不思議はどうしても少し信憑性に欠けるものとして認識されてしまうような気がします。

ここでもありとあらゆるトリックを駆使できるクロースアップマジックに軍配が上がります。

例えば未来を予言するマジックや相手の心を読むようなマジックはありえなさのインパクトは強いです。

現在のテクノロジーを使っても未来を完璧に予言することは不可能ですし、頭の中を完璧に読むことはまだ難しいと知っているからです。

プロのマジシャンが選ぶのは?マジシャンの数は?

プロのマジシャンでクロースアップとイリュージョンをやるマジシャンの数はどちらが多いでしょうか?

これは圧倒的にクロースアップです。ステージマジックをイリュージョン側に入れたとしても全然かないません。

やはりだれよりもマジックを愛するプロの方はクロースアップの凄さを認識しています。

どうしても凄さでまさるクロースアップマジックの魅力にはイリュージョンはかなわないのではないでしょうか?

まあ、導入のしやすさもありますけどもそれでも魅力が勝るのであればもう少しイリュージョンの人口が多いと思います。

クロースアップマジックの中でも

クロースアップでも視覚主体でマジックを構成するマジシャンもいます。それは見ていて楽しいわけですが凄さでいうとやはり体験出来るようなマジックには劣るように思います。

例えば最近だとメンタルマジックなどが流行ったりしました。相手の心を読むようなマジックはありえなさでは1番だと言ってもいいです。

いろんなクロースアップマジックの中で一番なんでもこなせるマジックはカードマジックになります。

人気も圧倒的です。専門でこれしかやらないマジシャンもいます。

私もほぼカード主体のマジシャンですね。

これはやはりマジックのすべての要素が一番詰まっているからではないでしょうか。

視覚的なマジックも可能ですしメンタルを使った相手の心を読むマジックも可能です。

このような幅の広いところが人気なんだと思います。

結論として

結論としてはクロースアップマジックが凄くてその中でもカードマジックが一番凄いということになりました。

このことについてはなかなか理解されていないかなーと思います。

是非凄さを体験していただけたらなーと思います。

最初に書きましたが実際にはどちらが凄いということでもなく状況によって向いているマジックをやればいいと思っています。あしからず。

リンク

マジシャン / マジシャン 出張 / マジシャン 派遣 / マジックショー / マジシャンを呼ぶ費用 / マジシャン 出前

作成者: えいち/H

マジシャンのえいち/Hです。
東京でプロマジシャン|出張、派遣をやってます。
記事の感想、コメント、質問などはTwitterにお願いします。
フォローも良かったらお願いします。
Instagram / YouTube / Facebook