カテゴリー
マジック

ストローリング・マジックとは – Strolling Magic

マジシャンの私も最近知ったのですがマジックの分類にストローリング・マジック(Strolling Magic)と言うのがあります。

Strollingを検索してみると

〔芸人などが〕旅回りの
〔ミュージシャンが〕通りを歩きながら演奏する、流しの

などとでてきます。

そんでStrolling Magicを検索してみると

クロースアップマジックからの枝分かれでルームやイベントの場所でパフォーマーが歩きまわってお客のグループにマジックを披露する。ウォークアラウンド・マジックの一種。

と書いてありました。

カクテルパーティーで飲み物を持って立っているお客に近づいていって手品を披露するのが代表的なイメージのようです。
ただレストランや丸テーブルの着席したお客様を廻るのも含まれるのでテーブル・ホッピングもこの中に含まれています。

英語で検索するとマジシャンの行うマジックの分類として結構でてきますが日本語ではほとんど出てこないのでまだまだ普及していない言葉のようです。
今後は普及していきますかね?
人前で立って演じるパーラー・マジック(Parlor Magic)とかサロン・マジック(Salon Magic)という分類がマジックにはありますがあまり日本では普及しているようには思いません。
そう考えるとStrollingも馴染みのない言葉ですから普及することは無いんでしょうかね。

その行為に対してのいい言葉が見つかるとその事自体が認識されやすくなって普及する、なんてことはあることだと思います。
なのでパッとイメージしやすいいい言葉があればいいんですけど。

ストリートマジックなんて言葉は結構最近になって普及しましたがこれはなかなかいい言葉ですね。
ストリートという日本人でも知っている言葉ですし、どんなマジックかがイメージしやすいです。

サロンとかパーラーって言葉はイメージしづらいですからね。
日本だとリビングかな?
リビングマジック、ルームマジック、レストランマジック、クラブマジック、パーティーマジック、宴会マジック、声掛けマジック、流しのマジックetc

クラブマジシャンとかパーティーマジシャンとかはイメージいいかもしれないですね。
今度からパーティーマジシャンと名乗ろうかな?

まあこのへんで。

マジックの用語集 – ストローリング・マジック / Strolling Magic

-PR-

大人になってからこんなにびっくりするなんて!
驚きました。

6月、7月の予約を受付中です。

リンク

マジシャン / マジシャン 出張 / マジシャン 派遣 / マジックショー / マジシャンを呼ぶ費用 / マジシャン 出前

作成者: えいち/H

マジシャンのえいち/Hです。
東京でプロマジシャン|出張、派遣をやってます。
記事の感想、コメント、質問などはTwitterにお願いします。
フォローも良かったらお願いします。
Instagram / YouTube / Facebook