カテゴリー
マジック

Visual Voodoo by Nate Kranzo 感想、レビュー

Nate Kranzo(Nathan Kranzo)のVisual VoodooというDVDをペンギンマジックで購入したので簡単にレビューをしたいと思います。
何故購入したかというとこの中の作品の「The Card That Can’t Be Palmed」目的です。
私は知りませんでしたが出た当時はかなり話題となったそうです。動きがとてもユニークでレパートリーにしたいなと思ったのでした。

ペンギンでDVDを購入したらmp4ファイルのダウンロードもできました。
Visual Voodoo by Nate Kranzo
$29.95

Visual Voodoo by Nate Kranzo

目次

MELTING COIN

0:31 / 1:47
フラッシュペーパーを燃やすとコインが出現
ライターの炎からもう1枚。
最後の1枚は穂脳から出てきませんがいつの間にか2枚のコインが3枚に増えている。
3枚のコインをライターであぶると2枚に、2枚のコインが1枚に。
1枚のコインが最後一瞬で3枚に増える。

MELTING COIN Visual Voodoo by Nate Kranzo

フレンチドロップに動画があります。

2枚のコインとスリップできるシェルを使う。

THERDNASE

10:18
スペードのAが2、3、4とカラーチェンジする。
デックの中程に裏向きで入れたスペードの4がトップに表向きで一瞬で出現。
最後に4を弾くと4枚のAに変化する。

THERDNASE COIN Visual Voodoo by Nate Kranzo

手がでかいな

トリプルアードネスカラーチェンジ
難しい。
スチュアート・ゴードン・ダブルターンオーバーを使ってる。説明は無し。
トップパーム 説明無し
The KM Moveの説明あり

手が小さい日本人は少し難しかったり気をかなり使うかもしれない。

The Card That Can’t Be Palmed

16:05
客のカードが表向きで手の下からまるで生きている様に左右にはみ出て表れます。掴もうとしますがデックから消えてしまいます。
捕まえた客のカードがデックからぴょんと飛び出てきます。

これをやりたくて購入しました。最初のカードが逃げる動きとカードが飛び出すのと両方とも良いです。それほど難しくはなく私はできそうな感じです。
片手から飛び出す動きはポップアウトムーブというそうです。

下の動画は客のカードを表返す方法が参考になります。

MUGGER

24:51
手に持った3枚の銀貨が1枚ずつ銅貨に変わっていきます。
変わった銅貨をマグカップから出すと銀貨に戻っています。

MUGGER Visual Voodoo by Nate Kranzo

フレンチドロップに動画があります。

ワイルドコインと呼ばれるマジック。
De Manche Change
片手で2枚のコインをすり替える方法。1ドルコインサイズでもぶつかって音が鳴らずにスイッチできる。

Voodoo Card

32:10
マジシャンの名刺を4つに折りたたむとデックの中の客のカードも折り畳まれて出てくる。
今度は客のサインされたカードの角をライターであぶると名刺の角も焼けた跡がある。

Voodoo Card Visual Voodoo by Nate Kranzo

マーキュリー・カード・ホールドを使う。
名刺の細工の事前準備が必要

STANDING UP TO RAY AND BILL

40:50
立ってできるトライアンフ
裏表を半分差し込んだ状態でカラーチェンジで揃う。客のカードも含めて全てのカードが揃う

ハーフパス、フェローシャフル
上の写真の状態から裏向きのカードが消える。カラーチェンジはワンハンドトップパームの様な指の動きでやっているが日本人の指のサイズだと難しいんじゃないかな。

HOT SHOT POCKET

46:47
デックから飛ばした1枚のカードがポケットにしまった4枚のキングになり、客の1枚のカードがポケットから出てくる

デックから回転して飛んできたカードに手をやると4枚になる。

クリンプ
トップパーム
ホットショットカット
デックのトップカードを左手でギャンブラーズコップ

Holy Pocket

54:10
3枚の銀貨を一枚ずつ胸ポケットに入れていく。
3枚のコインがポケットの底を貫通して1枚ずつ出現する。

Holy Pocket Visual Voodoo by Nate Kranzo

コインを5枚使用。ポケットに入れたときにチャリンと音が鳴る。

Tornado Straw

57:49
ストローが紙コップの底を貫通する。

Tornado Straw Visual Voodoo by Nate Kranzo

普通のストローと短いのが必要

感想

The Card That Can’t Be Palmedが目的だったのでやり方を学べてよかったです。これだけで十分購入の価値がありました。
THERDNASEもやりたいと思ってましたが少し難しいかな。

ペンギンライブの司会者

この人の名前をどこかで聞いたことがあるなと思ったらダニ・ダオルティス / Dani DaOrtizのペンギンライブの1回目の時の司会者でした。この時の映像とは違って痩せて刺青もして風貌がかなり変わっていたのですぐには気付きませんでした。

作成者: えいち/H

マジシャンのえいち/Hです。
東京でプロマジシャン|出張、派遣をやってます。
記事の感想、コメント、質問などはTwitterにお願いします。
フォローも良かったらお願いします。
Instagram / YouTube / Facebook