カテゴリー
マジシャン

TBSのラジオ寄席にマジシャンを

この前の日曜日にたまたまradikoを開いた所、「TBSでラジオ寄席」と言う番組がやっていたので聴いてみました。

3月10日(日)ラジオ寄席の出演者

出演者は漫才の青空球児・好児さんとギター漫談の堺すすむさんと落語の柳家権太楼と言う方々です。

ラジオ寄席 3月10日(日)の放送は…

TBSラジオ寄席

青空球児・好児さんと堺すすむさんはいつものネタをやってました。

堺さんは亡くなったと勝手に思っていたんですけど誰と勘違いしてたんだろう?元気そうでした。

ラジオ寄席にマジシャンの出演は?

で、聴いていて思ったんだけどこの番組でマジシャンが出演することはあるんだろうか?と。

寄席で活動しているマジシャンというのはいるわけですがこの番組はラジオなので出来る演目が限定されてしまいます。

視覚に頼るタイプのマジックはまあ向かないですね。

鳩が出てきたとか胴体が真っ二つに成ったとか口で説明しても聴衆者はなんかこうもやもやして納得行かないような感じを受けるんじゃないでしょうか?

私はというと視覚的なトリックは少なめで喋りを主体としているのでどちらかといえば向いてそうです。

ただ演出を考えなければいけないと思いましたが。

ラジオ寄席に出演した場合のマジックの内容

ということで考えてみましたが前半はお客さんの思ったカードを当てるなんて言う演出でいけるんじゃないかな。マインド・リーディングですね。

寄席のお客さんはおそらくトランプの枚数よりも多いと思うので皆さんに適当にカードを思い浮かべてもらうと私が何を言ったとしても必ず当たるという、くだらない演出です。

ラジオの聴衆者の中にも当たっている人がかなりの数いるわけです。

こういうやり取りはなかなかおもしろいんじゃないかと思うんですけどね。

後半というか最後はどなたかの思ったカードが予言されていたという感じです。

ここはガチでやります。本当に適当に言われたカードが予言されているのでインパクトは強いです。

問題は予言されていたカードがラジオの聴衆者には見えないわけですがここは説明すれば十分不思議さが伝わるのではないかと思います。

逆に見えないからこそ想像も膨らみ思ったカードがどうやって当たるのか見ている人よりも不思議かもしれません。(そう考えると胴体真っ二つもいけるのかもしれません。)

寄席でマジックをする場合の工夫、演出

因みにカードは普通サイズのを使います。

寄席だと少し距離があるのでマークと数字が少し大き目のカードを使います。

それでも後ろの人は見えないかもしれないので虫眼鏡で拡大したり、iPhoneの拡大鏡で拡大表示させて見せるなんて言う演出も思い浮かびました。

ということで、ラジオ寄席いけそうです!

あとは呼ばれるのを待つだけですがうーんどうでしょう?知名度のない人は難しいですかね?

まあでもいつでも出演依頼のご連絡をお待ちしています。

リンク

マジシャン / マジシャン 出張 / マジシャン 派遣 / マジックショー / マジシャンを呼ぶ費用 / マジシャン 出前

作成者: えいち/H

マジシャンのえいち/Hです。
東京でプロマジシャン|出張、派遣をやってます。
記事の感想、コメント、質問などはTwitterにお願いします。
フォローも良かったらお願いします。
Instagram / YouTube / Facebook