カテゴリー
マジック

テーブルマジックショーでの観客席・観客の人数・劇場

テーブル上で行うマジックのことをテーブルマジックと呼びますが、一般にクロースアップ・マジックの中に分類するので少人数向けのマジックだと思われがちです。
しかし見せ方によっては一度にかなり多くの人に観てもらうことが可能です。

ステージマジックやパーラー、サロンマジックなどでは舞台などでお客さんよりも高い位置で演じたりすることが多いですがテーブルマジックの場合、テーブルの上でカードなどを見せるので観客の目線よりもテーブルが低くなければなりません。
なので舞台などは無い方がいいです。

客席はテーブルから遠くになるほど角度がなくなってテーブル上が見づらくなるので劇場や映画館のように客席が階段状になってて遠くになるほど高くなっている方がいいです。

テーブルが真ん中にあって横から180度ぐるっと囲って円形劇場のような所があればいいですね。
あまり遠くになると見えなくなるので観客席はなだらかでなく、急勾配がいいです。

テーブル上を映し出す装置があれば普通の広い劇場などでも演じることが可能です。

YoutubeやDVDなどにテーブルマジックをやっているところがあったのでキャプチャーを撮ってみました。

アメリカのマジシャンがスクールでテーブルマジックの風景、観客席
アメリカのクロースアップマジシャンが学校でテーブルマジックをやっている風景です。
6列、1列20人ほどいるようなので全部で120名ほどいそうです。
椅子は体育館の応援席でしょうか?
日本でこういった観客席がある学校はあまりなさそうです。
後ろの席の子だとトランプのマークや数字の識別が難しくないのかなと思うのですがちゃんとリアクションをしているのでこれぐらいまでならなんとか行けるんだと思います。
アメリカのマジシャンがスクールでテーブルマジックの風景
同じアメリカのマジシャンがミドルスクールでテーブルマジックをやっているところです。
テーブルを3列半円に囲み、テーブルの横に1名ずつ座って手伝ってもらっています。
30名ほどいそうです。
床がフラットな教室みたいなところなので椅子は3列ぐらいまでになります。
スペインのマジシャンのテーブルマジックショーの観客席
これはスペインのマジシャンのショーの模様を撮った映像です。
真ん中が空いていて両脇6人6人3列で36人ほどです。
席が段差になっているのでテーブルが見やすいと思います。
マジックキャッスルのテーブルマジックショーでの観客席
アメリカの有名なマジックキャッスルと言うマジックのショーが楽しめる場所です。
ココは1列6人3列で、両脇に2人いて合計20名ほどです。
アメリカのマジシャンが劇場でテーブルマジックをスクリーンに映して披露
アメリカの有名なマジシャンが舞台のある中規模ほどの劇場でテーブルマジックを披露しています。
客席からはテーブルの上が見えないので映像をスクリーンに映しています。
こういった装置があればテーブルマジックでも100名以上の大人数に対応できます。

ここからはツイッターで見つけた画像を貼っておきます。

テーブルを円形で囲んで2列目までが椅子で3列目は立っているようです。
40名ほどいそうです。

凄く見やすそうな劇場ですね。80名以上いそうです。

3列でテーブルを囲むように半円になっています。

プロジェクターがあるといいですね。

日本の二川さんの海外でのレクチャー風景です。

結構な人数がいますね。
やっているのはテーブルマジックじゃないですがここならテーブルマジックであっても大丈夫そうです。

結論としてフラットなところだと30名ぐらいまで、立ち見を入れれば50名位までは行けそうです。
階段状の劇場などであれば最大100名強まで対応できそうです。

日本にもテーブルマジックのやりやすい円形劇場が増えたらいいなと思うのでした。

ブログの感想、コメント、質問などはTwitterにお願いします。

関連記事

マジシャンと話す / メールで聞いてみる / 見積もり依頼

▽お花見やゴールデンウィークのイベントにマジシャンを呼んで盛り上がりませんか?
マジシャン出張マジックのお問い合せ、金額・費用のお見積、お仕事の依頼、お申込みはこちらからどうぞ。

マジシャンと話す / メールで聞いてみる / 見積もり依頼

作成者: えいち/H

マジシャンのえいち/Hです。
東京でプロマジシャン|出張、派遣をやってます。
記事の感想、コメント、質問などはTwitterにお願いします。
フォローも良かったらお願いします。
Instagram / YouTube / Facebook