カテゴリー
マジック

マジシャンが使うマジックペン – Sharpie Marker –

カードマジックで引いてもらったカードにサインをしてもらうことがよくありますがその時に使うのが油性のマジックペンです。

私はずっとZEBRAのマッキー極細を使ってきたのですがこの前東急ハンズに行ったところ外国のマジシャンがよく使っているSharpieというマジックペンが売っていたので購入してみました。

■マジックペンの比較

Sharpie
黒だけでなくって色んな色が売られていました。
ハンズでは120円+税であと何種類か置いていました。

追記:一度日本の代理店が撤退して無くなりましたが2019年末に再度売っていました。

アメリカのSharpieのサイトを見るとカラーは20色を超えるようです。
メタルカラーなんてのもあったので手に入れてみたいですね。
ZEBRA マッキー
こちらはマッキーです。
スケッチブックなどに書く場合は右の太いのを使っています。
Sharpie and ZEBRA マッキー
こちらはペン先。
マッキーは細目です。
Sharpieは太目です。
Sharpie and ZEBRA マッキー wrote
実際にカードの表面に書いてみました。
上からSharpie、マッキー極細の細(2つのペン先の太い方)、太いハイマッキーの細(2つのペン先の細い方)です。
こう見るとマッキー極細が若干細く感じます。
視認性はSharpieがいいなと思います。
Sharpie wrote
Sharpieのカーラーで記載してみました。
赤、青、紫は見やすいですが他の色は若干見づらいかもしれません。

■マジックペンの感想・結論

試し書きをしてみて感想ですがSharpieがなかなか太く書けて見やすいように感じます。
ペン自体も少し太いのでマーキーよりも少しかさばるような気もします。
でもこのペン先の太さであればスケッチブックなどの画用紙に書く場合もこれで行けそうなので融通がきいていいかなと思いました。
結論としてSharpieをしばらく使ってみようと思います。

■マジックペンの呼び方について

ところで日本ではこのペンのことをマジックと呼ぶ呼び方が一般的ですが海外でもアメリカやアジアでは通じるみたいですね。
日本ははてな?のマークでお馴染みのマジックインキの商品名から普及してて、アメリカではマジックマーカー(magic marker)から普及しているみたいです。
恐らく何にでも書けところからマジックペンなどと呼ばれていたところから取って付けたんでしょう。
マジックをやっていると駄洒落になってしまうので違う名称がないかななどと思ったりしますがフェルトペンも、マーカーペンもいまいちしっくりこないですね。
ダジャレになってしまうのは我慢しようと思います。

■サインしてもらう理由

因みにカードにサインをしてもらう理由ですが
カードをすり替えたりしないため。
選んだカードを忘れないため。
この2つが主な理由です。
一つ目のすり替えですが同じものを2つかそれ以上用意するトリックはマジックの中ではとてもポピュラーなものです。そういった疑いを防ぎます。
2つ目の覚えたカードを忘れてしまうことはよくあることでせっかく苦労して当てたはずなのにお客さんが覚えていないと困ってしまうからです。
お客さんが可愛い感じの女性の場合はサインと一緒に電話番号も書いてくださいというギャグはマジシャンの定番のネタです。
あと、私は名刺を作っていないのでどうしても何か連絡先が欲しいと言われた場合にカードに書いて渡してしまうことがあります。
その他、魔法のおまじないをかける時に使うマジックウォンドの代わりに使ったり、ペンを消したり出現させたりと色々と使い道の多いマジックペンです。

■あなたもカードにサインしてみませんか?

日本全国へマジシャンえいちが出張・派遣します。
有名なマジシャン、マジシャンの派遣、評判のいいマジシャンをイベントに呼びたい方にはお薦めです。
任せて安心!マジシャン出張のお問い合わせをお待ちしております。

ママジシャン 派遣 福島 / マジシャン 出張 新潟 / マジシャン 派遣 山梨 / マジシャン 出張 静岡 / マジシャン 派遣 長野

作成者: えいち / H

マジシャンのえいち / Hです。
東京でプロマジシャン|出張、派遣をやってます。
記事の感想、コメント、質問などはTwitterにお願いします。
フォローも良かったらお願いします。
Instagram / YouTube / Facebook