カテゴリー
マジック

ライジングカード with オートマティック・ジョグ・コントロール撮影

ケン・クレンツェルのライジングカードを撮影してみました。
お客さんの選んだカードがデックの中から上がってきます。
ライジングカードにはギミックなどを使うものがありますがこれはスライト・オブ・ハンドのライジングカードです。即興で可能です。
ちょっと変わった当て方をしたい時にいいですね。
複数枚のカード当ての中の一つでこれを使ってもいいと思います。

動画

最初に観たときはこんなの出来るのかと思いましたが実は良くできたライジングカードでした。
今回手でカバーしてますがなくてもばれないような工夫がされてます。
最初カードマジック事典を読んだときはそこに気づきませんでした。
その後、ふじいあきらさんがDVDで演っているのを観て良いマジックだということに気づいたのでした。
演出はデビッド ウィリアムソン / David Williamsonのを参考にしています。

オリジナル

ライジングカード / ケン・クレンツェル
Rising Card / Ken Krenzel

収録

カードマジック事典 / 高木重朗 / 東京堂出版 P153

コントロール

オートマティック・ジョグ・コントロール ポール・ルポール

収録

ルポールのカードマジック / 東京堂出版 P71

もう絶版かと思うのですが結構この本を参照することがあります。

マジックの種類

スライト・オブ・ハンド / Sleight of hand

参照

  • ふじいあきらのカードマジック事典アンソロジー
  • Ridiculous by David Williamson
    購入特典のメールを送るともらえる映像に入っています。

ふじいさんのは中古でしか手に入らないと思いますがいろんな技法がてんこ盛りで買った当時はよく観ました。おすすめDVDです。

ウィリアムソンのは3枚のカードを連続でライジングさせてます。1枚フォースしますが意外と難しいです。最後は違うのが出てきますがひっこめて出てくると客のカードになっているというオチになってます。

難易度

要練習、少し難しい。特に原案のケン・クレンツェルのやり方はフラッシュしないように気を使う。

撮影環境、編集 / Equipment,Editing Tool

  • iPhone5 FaceTimeカメラ
  • Macbook12 iMovie

マジックレッスン/教室

マジックレッスン/教室やってます。 子供の習い事、大人、女性、退職後の趣味におすすめです。 上級者、プロ、プロを目指している方もフォローします。

作成者: えいち/H

マジシャンのえいち/Hです。
東京でプロマジシャン|出張、派遣をやってます。
記事の感想、コメント、質問などはTwitterにお願いします。
フォローも良かったらお願いします。
Instagram / YouTube / Facebook