カテゴリー
パーソナル

読書感想 大空のサムライ / 坂井 三郎

この本を読むのは2回目です。
8月で終戦記念日などもあったからでしょうかもう一度読み返したくなって読んでみました。

作者は零戦のパイロットだった人。
文章も上手で戦闘の描写がとても凄いです。

最後の特攻の部分はとても悲しいお話です。
まさに無能な指揮官というところでしょうか。
憤りを感じます。
こういうことは二度と起こしてはならないのですが進歩していないどころかすっかりこの時のことを忘れているように思います。

また、この本は各国の言葉に翻訳されており海外でも評判の本となっています。
ちなみにアメリカでは「Samurai!」という題名で翻訳されています。
アメリカのアマゾンのレビューはこちらです。とても評価が高いですね。

さて、この坂井パイロットは撃墜王と呼ばれた男なわけですがとても視力がよくそのため相手より先に敵を見つけることができたのが生死を分ける戦いで有利に運ぶことができたと書かれています。
最後のあとがきには目を良くするために実践していた方法が記載されています。
昼間に星を見る訓練や、普段外を歩く時から遠くの看板の文字をいち早く認識する訓練などが描かれています。

で、ここからマジックの話に結び付けたいのですが、マジックでも視力はとても大切です。
例えばトランプのカードを盗み見るなんてこともあるでしょうし相手をだますわけですからいつでも有利な状態で状況を認識しなければなりません。
そのためには視力は良くないといけないのですが有名なマジシャンをみると目が悪い人が多いように思います。
統計があるわけでないので単なる個人的な感想ですがネタを考えたりしている時はどうしても頭のなかで妄想するようなことが多くなります。
その時は目を使っていないわけでそういったのが目を悪くする原因になってるのではないかなと想像します。

私自身も視力が悪いんですね。
なので色々とマジックをやるには不都合があって困っています。
まあ、メガネかコンタクトをすればいいのかもしれませんが裸眼で過ごせるようになりたいわけです。
なので視力回復に努力しているところです。

大空のサムライ(上) 死闘の果てに悔いなし (講談社プラスアルファ文庫)
坂井 三郎

大空のサムライ(下) 還らざる零戦隊 (講談社プラスアルファ文庫)
坂井 三郎

作成者: えいち/H

マジシャンのえいち/Hです。
東京でプロマジシャン|出張、派遣をやってます。
記事の感想、コメント、質問などはTwitterにお願いします。
フォローも良かったらお願いします。
Instagram / YouTube / Facebook