カテゴリー
マジック

接客業の基本 異性が対応するとうまくいくのか?

接客業の基本で異性が対応するというのがあります。男性の客なら女性の店員が、女性の客なら男性の店員が対応したほうがうまくいくというセオリーです。

それはマジシャンの場合には当てはまるのでしょうか?

個人的な経験

まずそもそも異性が対応するとうまくいくというのは本当なんでしょうか?

私は20代の頃、冬の間はスキー場でスキーのインストラクターの仕事をしていました。

その中の1月下旬から3月上旬は長野の志賀高原で中学、高校生の修学旅行生を主に教えていました。

そこではかならずではないですが可能な限り異性のインストラクターが教えていました。

男子生徒の場合は女性インストラクター、女子学生の場合は男性インストラクターが教える訳です。

お客さんが生徒で中学高校生ですから一般のお客さんとはかなり違っています。

一般のお客さんならインストラクターの言うことを聞かないなどと言うことはまずないでしょうが生徒は違います。まあ、言うことを聞かないこと。

こういった修学旅行生のインストラクターは大学生のアルバイトが多く、初めてやる女性のインストラクターなどは生徒が言うことを聞かず泣き出してしまうようなこともあります。

そういった特殊な環境を長年やった経験から異性のコーチが教えると言う風に自然となっていったのだと思います。

男性コーチが男子生徒を教えると反発するし女性コーチが女生徒を教えると言うことを聞いてくれないと言うのがあります。

そして異性だとどこかしらよく見られたいとかそういった気が働くのも大きいと思います。

例外

どうしても男性コーチよりも女性コーチの方が少ないので男性が男性を教える事も出てきます。

それと修学旅行生は必ず雪無し県の学校なのですが1班分程度は経験者もいてそう言う子は大抵男子コーチが教えます。

元々滑れる上に上達も早いですから下手したら女性コーチだと教えれないほどになる事も多いのです。

これはスキー技術よりも体力的な問題が多いでしょ。

マジシャンの場合

マジシャンの場合は主にクロースアップマジシャンがお客との対応が多くなります。

クロースアップの場合お客との距離が近く接客業の一種だと言っていいと思います。

一般的に男性のお客の場合はやはり女性マジシャンが対応すると男性客の食いつきはいいと思いますし女性客はやはり男性のマジシャンが対応した方がいいと思います。

一般的にと言うのは余興で賑やかしの役目を受けているときなどはそうだと言う事ですかね。

例えばがっつり不思議な現象を堪能したい、と言う場合は男性のマジシャンが対応しなければなりません。

現状としてマジシャンの人口が男性で占められているのでどうしても相手を騙す能力に関しては圧倒的な実力差があるからです。

それとやはり対面で対応しますから体力的な問題もあります。

相手をがっつりと騙すようなマジックの場合マジシャンの体格や体力に依存する場合があるのです。

なのでその分野では男性のマジシャンの方が有利だと思います。

結論

基本はやはり異性のマジシャンが対応するのが良いのではないでしょうか?

しかしマジックを楽しみたいと言うお客さんの場合は男女の性差は関係ないように思います。

その場合は男女に関係なく良いマジシャンが対応すればいいと思います。

ただ残念な事にマジック業界の男女比は圧倒的に男性優位なので男性のマジシャンが対応することが多くなると思います。

そしてすごいマジックを見たい、と言う場合は体力の違いなどもあり男性の方が有利なのかなと。スポーツではないのにやはり体格や体力差がマジックのすごさに関係するんだなと言うことですね。

リンク

マジシャン / マジシャン 出張 / マジシャン 派遣 / マジックショー / マジシャンを呼ぶ費用 / マジシャン 出前

作成者: えいち/H

マジシャンのえいち/Hです。
東京でプロマジシャン|出張、派遣をやってます。
記事の感想、コメント、質問などはTwitterにお願いします。
フォローも良かったらお願いします。
Instagram / YouTube / Facebook