カテゴリー
マジック

Move Zero (Vol 4) by ジョン・バノンの感想、レビュー

ジョンバノンさんのセルフワーキングの作品を集めたDVDのMove Zeroボリューム4です。
テクニックを使わないセルフワーキングの作品集です。
退職後の趣味でマジックを始めた年配の方などにもおすすめします。
ボリューム1、2、3はすでに見ているので4つ目、最後となります。

Move Zero (Vol 4) by John Bannon and Big Blind Media

このVol4で最後です。もとは「Destination Zero by John Bannon (Book) 」と「Mentalissimo by John Bannon」と言う本です。

今、4巻セットが安く売ってますね。
Move Zero (4 Volume Set) by John Bannon and Big Blind Media – DVD $59.99

その他の巻レビューはこちら

目次

作品の感想など

Proximity

客が思ったカードが先に出してあった2枚のカードととても近いという演出のカードマジック。

客にシャフルされたカードでできる。即興可。

「ビル サイモン」の「プロフェシー ムーブ」を使用。

簡単で演出もいいので軽くなにかやりたい時にいいでしょう。

Second Reckoning

客が取ったカードの枚数目のカードを覚えてもらい、マジシャンが配りながら同時に客が心の中でスペルを綴って最後にストップと心の中で言ってもらう。するとマジシャンも同時に配るのを止めてそこのカードが客のカード。

これはVol2の「Dead Reckoning」と同じ原理なのですがすっかり忘れていて最初はなぜ当てれるのかわかりませんでした。

見直した時にそういえばとなりました。

最後配った時に必ず手に持っている方のカードが客のカードなんですよね。2つのうちのどちらかとかではないんです。知っててもすぐに忘れて騙されます。

とても不思議なんですがスペルを綴るので日本だとなかなかやる機会が少ないでしょうがとにかく不思議なんで無理にでもやりたくなります。

セットが必要。

Power Of Poker

10枚のカードを2枚ずつ提示してそのうちの1枚を選んでもらう。最初は2枚から客とマジシャンに、その後はどちらかに1枚、選ばれなかった方はパケットの下に戻してを繰り返し最後は2枚から好きな方を選んでもらう。
カードを見ると客がフルハウスになっているがマジシャンはストレートフラッシュになっている。
ポーカーの手役が書いてあるジャンボカードがあるがその裏には客とマジシャンの手役が予言してある。

これは前にペンギンライブで演っていました。

とてもおもしろい演出ですが選んだ後の動作が独特なので(Bill Simon’s 64 Principle)そこがどうしても気になるところ。
しかしそこさえクリアーすればとてもいいマジックだと思います。

ちなみにバノンさんはジャンボカードを使っています。インチキが出来ないようにとのことです。

Banco

最初に1ドルを客からもらう。8枚の封筒から2つずつどちらかをマジシャンか客にマジシャンが指定した方に配ってもらう。選ばれなかった方は封筒の最後にまわす。これを繰り返してマジシャンと客の封筒が4、4になるようにする。客が4枚の封筒を開けるが何も入っていない。
マジシャンの4つで繰り返して1つ客に選ばせる。残り3つはミリオンの紙幣が入っていて客の封筒には1ドルが入っている。

ちなみにミリオン紙幣はニカラグァの10,000,000 cordobas、ユーゴスラビアの1億ディナール、ジンバブエの100兆ジンバブエドルが使われている。

これも前と同じ「Bill Simon’s 64 Principle」が使われている。前回と違うのはポイントしてもらうところが2箇所ありそこがどうしてもマジシャン都合ぽく見えるので演じるのは少し難しい。

Depth Charge

現象 2人の客。1人にデックから適当にカードを持ち上げて数えて覚えてもらう。マジシャンがシャッフルしていきもう一人にストップと2回行ってもらい2つのパイルを作る。数を数えたらそのパイルは残りのデックに戻してもらう。2つのパイルのトップの2枚のカードのバリュー(数字)とスーツ(マーク)の組み合わせの中から1枚のカードを思い浮かべてもらう。
パケットをデックに戻し、観客に配っていってもらい、覚えた数字のところでストップと言ってもらう。
思い浮かべたーカードを言ってもらいそこのカードをめくるとそのカードが出てくる。

これはいいですね。「Ed MarloのMultiple Slip Force」というのを使いますが気づきませんでした。

セットが少し必要ですが直前にカルで十分対応できるので即興でも可能です。

評価 : レパートリー入り

Lost In Translation

現象 マジシャンは最初に予言の紙を置く。3人の観客 1人の客にデックの半分より上を持ち上げてもらいそのパイルをひっくり返して残りの上に置いてもらう。もうひとりの客には半分よりも下から持ち上げてもらい同じくひっくり返してもらう。
3人目の客には表向きのパイルをどけてもらい1番上のカードは真ん中あたりに入れてもらい次のカードから3枚を客に配ってもらう。
配られたカードと対応するワードが書かれた紙を渡してそのワードを覚えてもらう。それをマジシャンが当てるのだが最初は当たらずに2回目で当たる。最初に間違えたワードと3人のワードから連想されるワードが予言に書いてある。

「Cut Deeper Force」を使う。

この演出は「christian painter」「protoplasm」と言う本に収録されている「say cheese」と言う演出だそうです。

ワードは元のままでの大丈夫ですがその他の演出を自分なりのを考えてみるのも面白いかもしれない。

View To A ‘Skill

現象 客がデックから半分ほど取り残りをマジシャンが取り客が赤か黒かを選び残った色がマジシャンの色とする。それぞれが1枚ずつ表に配り両方とも同じ色の場合最初に決めた方に配る。違う色の場合は退ける。これを繰り返す。どちらかが先にカードが無くなった場合はある方から半分に分けてつづける。
枚数を数えるとマジシャンが2枚多い。最初からテーブルに合った名刺の裏を見るとマジシャンが2枚で勝つと記載されている。
シャフルしてから他の名刺の裏に予言を書いたのを表向きに置きもういちど行う。
今度は両方共同じ数である。予言を見ると「We tie ! No bady wins.」 と書いてある。

「stewart james」 「miraskill」の原理を使っている。これは「David Williamson」の「Aunt Mary’s Terrible Secret」でも使われている原理。
この原理は自分でも試してみたけどわかっていても不思議である。

欠点は26枚をただ単に2回配るので退屈になるところでしょう。

Go-figuration

現象 適当に選ばれた4枚のカードの数字が一致
客は1人 客がシャッフルしたデックからマジシャンがカードを1枚抜き出して置く。客はカットしてから1枚取って置く。続けてカードを配っていき途中で残りをシャフルを数回繰り返す。次にマジシャンは配られたカードを2つに分けてどちらのパケットで続けるかを客に聞いて選ばれたほうを分けていき最後の2枚から1枚を客にポイントしてもらう。
配られた方のパケットをひっくり返す。最後のカードもひっくり返し、マジシャン、客のカードをひっくり返してみるとすべて同じ数字のカード

使っているテクニックは
Jay Ose False Cut
リバースフェロー
エキボック(マジシャンズチョイス)
Allan AckermanのProbability Cull (客の前でセット)。万が一の時はもう一度シャッフルですかね。まあ普通にカルしてもいいですし。

感想
エキボックのポイントがありますが大丈夫かな。演ってみたいと思います。

Triplicity

Automatic Placement principleを使ったカード当てとそのカードが何枚目にあるかを当てるのとそれを事前に予言していたとい作品

総評

Depth Chargeが良かったですね。次にProximityですかね。その他も悪くないです。
良かったのはいつでもできるようにしておきたいと思います。

プロのマジシャンでも使えますし手先のテクニックは必要ないので定年後の趣味で初めたような方でも問題ないです。

身体能力を使わずに賢く相手を騙したい方におすすめします。

とにかく手先のテクニックは必要ないので楽にやることが出来ます。
喫茶店でもどこでもテーブル着席で省エネで見せたい時に重宝します。


関連記事

作成者: えいち/H

マジシャンのえいち/Hです。
東京でプロマジシャン|出張、派遣をやってます。
記事の感想、コメント、質問などはTwitterにお願いします。
フォローも良かったらお願いします。
Instagram / YouTube / Facebook