カテゴリー
マジック

Mike Powers LIVE 鑑賞、感想

アメリカのシカゴのマジシャンMike Powersのペンギンライブをみたので感想などをご紹介します。
これは2016/1/11なので4年近く前の撮影です。なぜこれを見ようと思ったのかというと日本のマジックショップでこのマジシャンの本を日本語に翻訳して取り扱っているというのを見たからです。日本語に翻訳するほどだからきっといいのだろうと思い検索したら過去にペンギンライブで購入済みだったので見てみることにしました。

長さは4:47です。長いですね。

Mike Powers LIVE (Penguin LIVE) $29.95

Mike Powers LIVE

感想を先に書くといいのがあったものの全体としてはパッとしなかったですね。演ってみたいなというのはそれほど多くなかったです。アイデアなどは参考になりますが実戦で使おうという気にはなりませんでした。この方のパフォーマンスもそれほど上手くないのでその点で印象がマイナスになっているところもあるかもしれません。
もしかしたら本を読むとまた印象が違うのかもしれませんが。

しかし2ついい作品もありました。
一つはトリネタにできる様なマジシャンでも不思議に思うものでもう一つは簡単にできるちょっとしたマジックです。いいネタには★マークを付けてます。

5:10 解説 17:15
客が選んだ3枚のカードを3つのパケットの上に置く。パケットのカードが同じスーツのカード。
客がカットしたところのカードがAで最初の3つのパケットをひっくり返すと残りのAが現れる。
Derek Dingle NoLap Switch アウトジョグした数枚のカードを抜き出す時にボトムの数枚を一緒に抜き出してデックを置く動作でアウトジョグのカードをデックのボトムに戻してスイッチする。

8:35
35:40 解説
4枚のKとサインした2のカードでアンビシャスカード。
最後は4枚の2と1枚のKに変わる

11:27 解説 42:50
手で押さえていたカードがパケットの真ん中あたりからキングに挟まって出てくる
ラリージェニングスのビジター

13:15 解説 49:53
4枚のコインアクロス
最後のコインをお客の手に置こうとすると既に移動している。
ハンピンチャンムーブ

14:20 解説 58:53
4枚のカードと4種類のコインを使ったコインアセンブリー
全て一箇所に集まった後に1枚ずつ戻っていく。
シルバーカッパーとタボスのCSBギャフコイン

1:15 解説 1:29:20
サインしたコインが小分けのジャムのパックの中に入る

1:20
★Science Friction
塩の瓶の上に置いたストローが手のパワーで触れてないのにグルグル回る。
これは簡単でいいですね。
スレッドでもなく息でもなく磁石でもないです。紙のストローに変わると出来ません。

1:39:30
21トリック
キーカードと数理トリック
1回で当たる。
客のカードが見えなくなって次に配ると裏向きになっている。

1:53:45
エスティメーション
最初に1枚プレディクション。客がわけたパケットの枚数とマジシャンがわけたパケットの枚数が一致して残りをわけたところのカードと予言と客とマジシャンのカードのボトムが同じスーツ
フェローシャフルでエスティメーションしている。

2:05:50
1枚のカードを選んで返す。3枚のカードを選んで抜き出す。
3枚のカードを数えると4枚あって1枚捨てるを繰り返す。最後客が数えようとすると1枚になっていてそれが客のカード。
ブラフパス
ディングルのカードアディション

2:15:30
3枚のコインの出現と消失
2枚とシェル
ラムゼイサトルティ

2:24:40
★Heisting Histed Heisted 2.0
5人の観客にカードを配りその中から覚えてもらう。シャフルした後にまとめてパケットにわけてあるかないかを聞いていく。そこから当てる。
メモライズドデック + その他の種があるのでメモライズでなくてもできるようになっている。
種は簡単に用意できるような仕組み。
普通なら出来ないそれぞれのパケットを集めてからシャフルすることができる。
メモライズとその他の種を使うことでカードを一切見なくっても当てれるからマジシャンでも不思議に感じる。
サイステビンなどのスタックドデックで可

2:54:45
Diminishing Returns
客が選んだカード以外が小さくなり次に客のカードだけが小さくなり元に戻る。
昔、40年ぐらい前に見たな。特殊な印刷のデックを使っています。ペンギンで売ってますね。
このデックを使ったカード当て、カードをリフルしてバックの小さいカードのプリントをピークして、を使ったのを解説。

3:08
Diminishing Returns
客の選んだカードが小さくなってまた大きくなる。レギュラーデックとミニカード1枚。

3:16
客の選んだカードが2枚のJokerから現れる。
もう1人の選んだカードは先ほどのカードが変化して選んだカードはJokerの間から出てくる。
デュープリケート、ブラフパス

3:29
名刺の4隅にパンチで開けた穴が1っ箇所に移動していく

作成者: えいち/H

マジシャンのえいち/Hです。
東京でプロマジシャン|出張、派遣をやってます。
記事の感想、コメント、質問などはTwitterにお願いします。
フォローも良かったらお願いします。
Instagram / YouTube / Facebook