カテゴリー
マジック

七夕のお祭りにはマジシャンのマジックショーがおすすめ!

今年も七夕まつりの季節が近づいてきました。

各地の商店街やショッピングセンター、幼稚園や学校、子供会などでは七夕にちなんだイベントが行われることだと思います。

中にはまだイベントを決めかねている自治会や関係者の方もいらっしゃると思います。

そこで今年の七夕のイベントにマジックショーをおすすめしたいと思います。

マジックショーのおすすめポイント

マジックショーの何がそんなにおすすめなのでしょうか?

料金が安い

やはり値段の安さは重要なポイントです。
日本の経済はどんどん悪くなっていってるのでどうしてもイベントに費やす予算も減ってきています。
そんな中パフォーマンスの中でもそれほどお金のかからないマジックショーはイベントをやる側からするととてもコスパのいいショーだと思います。
そしてマジックで楽しんでくれたみなさんが次の日から活躍してくれて日本経済も良くなっていけば日本の経済にもやさしいということにもなりますね!

具体的な相場については次の章で書きます。

準備が簡単

大掛かりなイリュージョンなどをやる場合を除きますがマジックショーは道具も少なくそして何千人の前でも出来るという特徴があります。
搬入や事前準備がまったくなくても大丈夫だったりします。
人によっては紙と鉛筆があれば30分のショーをおこなえると言う人もいます。
私ならデック1つあれば30分はイケルと思います。
荷物は少なく、それでいて演技は大きく、これが優秀なマジシャンの特徴であります。

子供からおとなまで楽しめる

歌やお笑いなどもとてもイベントに人気がありますがどうしても観客の年齢が偏りがちになってしまいます。
その点マジックは歌やお笑いなどと比べて全体的に一般ウケしやすい演芸だと思います。
もちろんマジシャンによりますが子供から大人まで好き嫌いなく楽しめるのがマジックの特徴でもあります。

マジシャンを呼ぶとどれぐらいの費用がかかるのか?

まず気になる費用です。

これはマジシャンによってかなり変わってきます。

プロだと相場の最低が3万円台、テレビに出たことのあるマジシャンだと10万円を超えます。
私の様なフリーでやっている一部のマジシャンだと2万円から対応しています。

料金はどれくらいの仕事量かによっても変わってきます。

1日30分を2ステージだとすると4、5万でしょうか?

料金は決して固定で決まっているわけではありません。

予算を言えばそれによってあるていど柔軟に対応してくれると思いますので予算で心配の方は相談をしてみるのがいいと思います。

どこでマジシャンを探せばいいのか?

マジシャンの知り合いやつてがあるという方は少ないと思います。

どうやって探すかですが今の時代はネットで検索して探します。

そうするとこんなにもたくさんのマジシャンがいるのか!と驚くことでしょう。

なので少し絞り込みます。

例えば「マジシャン 出張」や「マジシャン 派遣」や「マジシャン 東京」などです。

そうすると最初に業者の宣伝が表示され、その後にマジシャンの派遣会社が表示されてその後にマジシャンの個人サイトが表示されます。

その中から好きなところを適当に何個か開いて良さそうなところ2、3箇所に見積もりの依頼をしてみてください。

それで一番条件のいい所に決めればいいと思います。

個人のマジシャンに直接頼むか派遣会社経由で頼むかですが個人のマジシャンに直接頼むほうが安くなりますし直接対応してくれるので齟齬も少なくなります。
なのでマジシャンの個人サイトから申し込みすることをおすすめします。

七夕にイベントにどんなマジシャンを呼ぶのがいいのか?

ひとえにマジシャンと言っても千差万別です。

歌手が演歌かロックかでぜんぜん違うようにマジシャンにも色んなタイプのマジシャンがいます。

なのでイベントにあったマジシャンを呼ばないとイメージと違った事になってしまいます。

明るくやる方、シリアスな演出をする方、コメディータッチの方、喋りが中心の方、本格的なマジックをやる方、マジックはおまけのような方、などなど。

その他にマジックはいくつかの種類がありますのでサイトで過去のマジックショーの様子をよく確認したほうがいいです。

お勧めはあるていどマジックの種類を絞って専門にやっている方ですね。幅広くやっている方はどうしてもどっちつかづになるか、得意でない方がパッとしないという感じになってしまいます。

2019年の旧暦の七夕は?

調べたところ、旧暦の七夕はお盆の「前盆行事として行う意味合いが強かった」そうです。
旧暦は月の満ち欠けを基準にしるので新暦にすると毎年日付が変わるそうです。

で、今年の旧暦の七夕は8月7日だそうです。

梅雨も開けているので天候は新暦よりもいいでしょうね。お月さまは必ず半月(上弦の月)になるそうなので天の川の見え方は安定しています。

どうせなら天の川が一番良く見える新月(月が見えない)に行えばよかったのになどとも思いますが。

因みに去年が8月17日で、2020年が8月25日、2021年が8月14日、2022年が8月4日だそうです。

旧暦で七夕まつりを開催してみるのもいいかも知れませんね。

また七夕納涼会などと納涼会と絡めるのも人気です。

夏のイベントに是非マジシャンをお呼びください!

作成者: えいち/H

マジシャンのえいち/Hです。
東京でプロマジシャン|出張、派遣をやってます。
記事の感想、コメント、質問などはTwitterにお願いします。
フォローも良かったらお願いします。
Instagram / YouTube / Facebook