カテゴリー
マジック

Juan Pablo LIVE ACT (Penguin LIVE)鑑賞・感想

ペンギンマジックでアルゼンチンのマジシャン ファン・パブロのライブアクトを観たので簡単に感想などを記載しようかと思います。

この方はレクチャーDVDや商品などをたくさん出していて私もいくつか持っているので観るのが楽しみでした。

マジックはスペイン語で喋って英語に通訳しています。

Juan Pablo LIVE ACT (Penguin LIVE)

内容

Musical Opener

サングラスの出現

何も顔には掛けてない状態から突如サングラスを掛けた状態に変化します。

角度や使えるサングラスには制限があります。制限は多いですが種は単純なので機会があればやってみたいなと思いました。

マッチを擦って振るとタバコに変化

ライターの火が火だけ手に移動してタバコに火をつける。

特殊な装置でも使っているのかと思いましたが簡単な仕掛けでした。パーラー向き。

ワイングラスにタバコの煙を入れてそこから白い花が出てくる。

造花を使っています。簡単に出来て実際にワイングラスから出てきたように見えます。

Juan Hundred Dollar Bill Switch

客から借りたサインしてもらったお札が消えて最初からワイングラスに挿していたお札がいつの間にかにそのサインしたお札に変化する。

サインした紙幣がすぐに変化するのではなく、折りたたんでいくと消えてしまいます。
消えちゃう演出は珍しいですね。やるのも少し勇気がいりますし。
そんで変化させた時は何も起こっていないという演出で最後に入れ替わっているという演出です。
お札の変化は他のDVDで解説していた折り畳まないで変化させるやつを使っています。

Torn Corner Evolution

カードの破ったコーナーが消えて客のポケットに最初に入れておいたデックのセロファンから現れる。
破れたカードが今度はいつの間にかに復活してると思いきや違うデックの色のカードでそちらの色のデックの中から破らた状態のカードが出てくる。
次に破れたカードが消えてスマホのケースの中から出てくる。破片とは破れ具合がちゃんと一致する。

これは私なんかからするとやりすぎな感じにも思うのですがお客にはウケていました。ありえないことが起きますからね。これは商品でも売っているようですが今回は手作りの方法で解説しています。

Cigarett

タバコを投げて口でキャッチしようとしますが誤って飲み込んでしまいます。とうぜん口の中には何もありません。それなのに煙は口から出てきます。最後はタバコも出てきます。

これは私もレパートリーにしています。
最近の環境ではなかなかやる機会がありませんが大道芸で呼ばれた場合これを演る予定でいます。

The Clock

紙に書いた時計をストップで時間と分を選択してもらう。時間と分のどちらかを1つだけ移動してもらう。それが予言されている。

これは通訳を挟んでいるからでしょうか少し苦労している感じがしますが最後にどちらかを移動したにもかかわらず予言があっていたので客にはかなりウケています。時計のボードには仕掛けがあり手作りみたいです。見やすくてパーラーに向いてますが若干難しいところ(タイミングフォース2回)があります。

JP Tossed Out Deck

3人の客にカードを覚えてもらい他の客がデックから3枚のカードを選び出す。その3枚の中に3人のカードがすべて入っている。

トスツアウトデックをノーマルデックでやるのと他の客に当てさせるのがポイントです。
他の客に選ばせる時にすこしインチキをしていますがそれが悪くないです。
3人の客に選ばせる時の配り方はマジシャンには違和感がありますが解説をみてうまいなと思いました。私なら簡単にカルでやればいいかなと思いました。

Rainbow Monte

ジャンボカードサイズの1枚のAと3枚のブランク。裏の色が全て違う。1枚のブランクはテーブルに置いておく。Aのカードは裏の色でわかるはずだがはずれる。裏の色が先程とは違うカードがAになっている。もう一度やるが今度は3枚ともブランクになり、テーブルに置いてあったカードがAになる。
最後はブランクを1枚テーブルに置き直前までAを表向きでまぜるがテーブルのカードだと言って見るとブランクのまま。3枚のカードを表替えストすべてA。
ウケてました。

これは商品として出ています。私も持っています。手順を覚えるのが少しありますが特に難しいところはなし。仕掛けも基本無いので手渡し可。

Musical Closer

タバコを吸いながら煙を吐くとパイプが出てきます。どんどん出てきて指の間に4つづつ計8個でます。

簡単でとてもインパクトのあるマジックです。ただこの商品がないと出来ません。少し探しましたが売っているところが見つかりませんでした。

総評

観ているぶんにはとてもおもしろかったです。
サングラスの小ネタも良かったですし白い造花が出てくるのも良かったし時計のも不思議でしたしトスツアウトデックも簡易的でよかったし最後のパイプも良かったし。

ただ煙草のが少し多かったですかね。最近はタバコのマジックが出来るところも少なくなりましたし。
すぐに取り入れられるのはそんなに多くないかもしれません。

でも良かったです。

Juanの発音・カタカナ表記

Juanのカタカナ表記ですが「ファン・パブロ」が一番多いようですね。代表的なマジックショップのFrenchDropではその様に表記しています。Juanで有名なJuan Tamarizはホアン・タマリッツと表記しています。同じ綴なのに違うとは不思議です。国によっても違うでしょうし。
私が聞く限りだとファンだとホの要素が欠けてるように聞こえますがホワンだとホの要素が強すぎて聞こえます。ファンの長さでフォァンと言っている感じでしょうか?ホワンでもいいような気がします。
外国の人名をカタカタ表記にするのは難しいですね。

関連記事

作成者: えいち/H

マジシャンのえいち/Hです。
東京でプロマジシャン|出張、派遣をやってます。
記事の感想、コメント、質問などはTwitterにお願いします。
フォローも良かったらお願いします。
Instagram / YouTube / Facebook