カテゴリー
マジック

Here & Now by Dani DaOrtiz レビュー

スペインのカードマジシャン、ダニ・ダオルティス / Dani DaOrtizの4枚組のDVDです。
2018年の10月頃に販売されてます。
今年にこの2が発売されました。
そのついでにこちらを先にレビューすることにしました。

4枚組なので色んな種類のカードマジックが収録されていますが1番の注目はエスティメーションです。エスティメーションというと正確に枚数を把握する難しいテクニックと思われますがここのはそうではなくアバウトでもできるのがすごいところです。今まで他では解説されていません。そして使えます。

その他にも良いマジックがいくつかありました。

ダニ好きであれば是非買ってください。
そうでない人にもおすすめですが是非共とは言わないので懐と相談してご購入ください。

演技はダニの英語。解説はダニがスペイン語で英語に同時通訳している。なので解説はちょとかったるい。通訳の英語は少し早口です。

後、ピンマイクに何か当たっているのか音がガサガサしたり途切れたりするところが結構あるのはマイナスです。

評価:良い

Here & Now (4 DVD Set) by Dani DaOrtiz
Price: $49.95

Here & Now 2 Dani DaOrtiz レビュー

ダニのその他のレビューはこちら

マジシャンのマジックショー出張、派遣はこちら

目次

個人的に良かったのには★を付けてます。

DVD 1 – NEW EFFECTS I
FULL CONCORDANCE
CARDS TO ORDER
THE DAGGER
REAL TRIUMPH
HOFZINSER BILL
A NEW FORCE
INTERVIEW

DVD 2 – NEW EFFECTS II & THEORY
POKER A PETICION
FROM THE POCKET
HOFZINSER BILL2
CARD TO MOUTH
ILLOGICAL
INTERVIEW

DVD 3 -THEORETICAL AND PRACTICAL (AND MORE EFFECTS)
THE ESTIMATION
Lonely
Only a Idea
Vernon’s ACAAN
THEORY ESTIMATIONS
THOUGHT CARD
Invisible Spelling
Choose & Thought
LATHERAL THINKING AND PERCEPTION
Triple Location
INTERVIEW

DVD 4 – SEMIAUTOMATIC TRICKS & THEORY
ACCAN BY PACKETS
THE LUCKY MAGICIAN
THE POSITION
THE THREE CARDS
THE BLIND CARD
IMPOSSIBLE LOCATION
CHAOTIC COINCIDENCE
INTERVIEW

DVD 1 – NEW EFFECTS I

FULL CONCORDANCE

カードを配って行き4人にそれぞれストップしてもらい4つのパケットを作る。残りのカードの枚数を数えると10枚。配ったパケットのトップをひっくり返すと全て10のカード。

セットが必要。
4回タイミングフォースを成功させないといけないのでかなり難しい。
解説ではタイミングフォースの解説をしている。

評価:まあまあ

CARDS TO ORDER

デックからカードを複数枚一度に抜いてもらいそれをテーブルに並べる。並べたカード1枚ずつに、カードを配って行ったり複数枚引いてもらったカードを置いていく。
最初に並べたカードの数字と後で置いたカードの数が一致する。
次に最初に選んだカードから1枚を引いてもらい後から置いたカードをめくっていくと全て同じスーツが順番に並んでいる。

セットが必要。枚数のフォース。
全てフォースなのでかなり難しい。インパクトはあるけど少しダイレクトすぎてもう一工夫欲しいかな。

評価:あまりよくない。

THE DAGGER

3人のサインしたカード、デックの横からナイフを、客に横からさしてもらうとそれが客のカード。デックの上からナイフを刺して持ち上げるとそこから客のカード。

カードを加工してギミックを作る必要がある。
手順は難しくないけどもギミックを気づかれない様に自然に振る舞わないといけない。最後ギミックはテーブル上に残る。
ギミックは当分繰り返し使える。

評価:まずまず

REAL TRIUMPH

客がテーブルの下でデックの半分を裏返して混ぜます。
テーブルの上に出して広げると全て裏向きです。

表向きのカードの枚数を当てる演出がいいです。他のトライアンフでも使えそうです。

すごい様に聞こえますが実際はナチュラルブレークからハーフパスして戻すです。多少の工夫はありますが。
それほど難しくはないですが種は単純ですので逆に難しいかもしれません。

解説ではワンハンドハーフパス。

評価:あまり良くない

HOFZINSER BILL

借りた紙幣を丸めてマジシャンがカードを配るとストップしたい好きなところで紙幣を落としてもらう。止まった前後のカードを選んでもらい置いていく。それを何回か繰り返す。
最後に紙幣のシリアルナンバーを見ると置いたカードの数字と一致する。

ユートピア / UtopiaのI Second for Magicと同じ原理です。
最初にセットが必要です。
これは数回実演しました。お気に入りです。
フォースですが幅があるので余裕を持ってすることができます。
失敗してもリカバリーできるのもいいところです。

ダニーの実演の臨機応変なアドリブも参考になります。

評価:かなり良い

A NEW FORCE

客の選んだカードを3回で当てるというが失敗する。
残りのカードを全て表向きに広げると全てのカードが客のカードである。

Her Majesty’s Spellのデックの別の使い方。
1、2枚目は一回のタイミングフォースで同時に出してる。
最後のカードは客の言った数字の枚数目から出てきますがこれはダニがよくやる18のやつです。

悪くないですがHer Majesty’s Spellというとても強烈なマジックがありますからこの仕組み自体はそちらに取っておきたい気がします。

評価:まずまず

Interview

スペイン語で英語字幕です。

DVD 2 – NEW EFFECTS II & THEORY

POKER A PETICION

客の言ったポーカーハンズ、数字の組み合わせ、人数、何人目のところかが全て実現される。

デックを全てセット。フェローシャフル。

現象はすごいですがダニの実演でも無理がある感じ。

評価:いまいち

FROM THE POCKET

赤と青のデックを2つ使う。片方のデックから見て2枚のカードを選んでもらう。もう片方をポケットに入れてそのカードを取り出す。

ペンギンライブなど他でも実演しているやつです。
準備が必要です。この準備は他のマジックでも使うことがあるので普段から用意しておいてもいいかもしれません。

よくは考えられてますがまあまあですかね。

評価:まあまあ

HOFZINSER BILL2

客が用意したお札をおいておく。
数名の客がカードをランダムにおいていく。
カードの数字とお札のシリアル番号が一致する。

1巻のHOFZINSER BILLの違うバージョン。
こちらはタイミングフォースがないのでその点難しくはない。
ただ私は1の演出が気に入っているので1がいいかな。

こちらのバージョンはシリアル番号に0がない方がいいのかな。
シリアル番号が長い場合でも対応可能。

評価:まあまあ

CARD TO MOUTH

最初に1枚カードを四つ折りにして口にくわえておく。
カードを選んでもらってサインして返してもらう。
口で咥えたカードを広げるといつの間にかにサインしたカードになっている。

カードを口にくわえた時点ですり替えるんじゃないかと想像されてしまうのが難しいところ。
すり替えの動作はいい意味づけにはなっている。

評価:まあまあ

ILLOGICAL

1つのスーツを順番に並べて配る時に途中で順番を入れ替えるのを何度もするが毎回順番通りになってしまう。最後はデック全体が順番通りになっている。

カード全体でセットが必要。
アンチフェローからのフォールスシャフル解説。
フォールスオーバーハンドシャフル解説

よくできていますが順番を入れ替えている感はあまりないので不思議ですけどもと言う感じかな。

感想:まあまあ

INTERVIEW

DVD 3 -THEORETICAL AND PRACTICAL (AND MORE EFFECTS)

THE ESTIMATION

エスティメーションを使ったマジック。

Lonely

客がカットしたところのカードを覚えて元に戻してもらう。
4つのパケットに分けて覚えたカードがあればそのカードを、なければ違うカードを渡してもらう。マジシャンの手から3枚が消えて1枚が残る。それが客のカード

これは準備も要らず簡単でいいですね。

評価:良い

Only a Idea

客がデックをカットしてそこのカードを全員で覚える。デックを人数分に配って先ほどのカードを探してもらう。カードを返してもらってから誰のところにあったかを聞く。そして当てる。

すごいんだけどこのままだと客が4人の場合エスティメーションで4枚以内なので少し難しいかも。2枚目含めてアウト考えておくといいかな。

評価:まあまあ

Vernon’s ACAAN

客の引いたカードが客の言った枚数目から出てきます。

それほど難しくなく簡単にできていいです。
賢いなと思いました。

評価:良い

THEORY ESTIMATIONS

エスティメーションについて解説してます。

THOUGHT CARD

思ったカードのマジック。

Invisible Spelling

客が見えないカードで思ったカードのスペルを綴ると出現する。

セットが必要。日本語でやる場合は置き換えが必要。

実際には5枚のカードのうちどれかを選ばせているが思ったカードを当てたと思わせることができる。
シャフルもよくされた感じで不思議だけどセットが必要だしあまりやる機会はないかな。

評価:まあまあ

Choose & Thought

客が思ったカードと引いて返してもらったカードの位置を入れ替える。マジシャンはデックの裏を見て2枚を当てる

キーカードを使う簡単な手品に思ったカードを当てるのを追加している。
簡単にできる。

評価:まずまず

THEORY
ABAOUT THOUGHT CARD

実際には見せたカードを思ったカードにする方法を解説。
これはダニのペンギンライブの1、2が参考になる。

LATHERAL THINKING AND PERCEPTION

Triple Location

3人が選んだカードを当てる。

赤と黒にわけたデックで3人のカードを当てます。
いいアイデアです。

カードを当てる時もデックをあまり見ないでもいい様になっている。

解説ではワンハンドハーフパスを使ったカード当ても解説している。

評価:まあまあ

INTERVIEW

DVD 4 – SEMIAUTOMATIC TRICKS & THEORY

セミオートマティックマジック

ACCAN BY PACKETS

3つにわけて客が操作したパケットのトップの数の合計の枚数目からもう一つのデックで選ばれた客のカードが出てくる。

客にさせる動作はごちゃごちゃしてますがマジシャンだと追えなくないですね。

評価:まあまあ

THE LUCKY MAGICIAN

客がカットしたところの枚数分を配ります。それを繰り返して残り少なくなったところで客のカードが出てきます。

A~Kのセットが必要。その場でカルでセットする方法を解説してる。パスを使ったフォールスカット解説。

Dani’s Collection of Weapons (Happenstance)ですこし違う演出でやっている。

評価:まあまあ

THE POSITION

客が見ないで1枚だけ裏返したカードの枚数目からもう一つのデックの客のカードが出てくる。

簡単なセットが必要。
客が混ぜてから1枚裏返しているので不思議。
演出が参考になります。

評価:まあまあ

THE THREE CARDS

客が密かに決めた枚数目のカードを3人それぞれで見て覚えてもらう。その3枚のカードがテーブルを通り抜けて落ちてくる。

ダニの他のDVD、Chaosの3 cards with the touchを簡単にした感じでしょうか。こちらでは客の数字を知らなくてよく簡単にできる様になってます。

評価:良い

THE BLIND CARD

客が選んだカードが別に選んだ4枚のカードの数字の合計の枚数目から出てきます。

1枚フォースあり。

評価:まあまあ

IMPOSSIBLE LOCATION

客が思った数字の枚数目のカードを覚えてその数字分移動させたり2つのパイルにわけたりごちゃごちゃにして最後はマジシャンがスプレッドされたカードの上を指を移動させて客が見ないでストップといったところが客のカード。

数理的なトリックがあるのはわかりますがいつ見たのかは分からず。
最後は特に解説してないけどタイミングフォース。

評価:まあまあ

CHAOTIC COINCIDENCE

マジシャンが最初に置いておいた2枚の予言とテーブルの下で2人の客が交換したカードがメイトカードで一致する。

不思議ですね。

評価:良い

INTERVIEW

ダニのその他のレビューはこちら

作成者: えいち/H

マジシャンのえいち/Hです。
東京でプロマジシャン|出張、派遣をやってます。
記事の感想、コメント、質問などはTwitterにお願いします。
フォローも良かったらお願いします。
Instagram / YouTube / Facebook