カテゴリー
マジック

ストリートマジシャン エリック エヴァンス ペンギンライブ感想

ペンギンライブでエリック・エヴァンス と言うストリートマジシャンのアクトを観たので感想、レビューを書いてみました。

Eric Evans LIVE ACT (Penguin LIVE)

私はこのマジシャンを知りませんでしたが主にストリートなどで活躍しているマジシャンだそうです。

私はストリートパフォーマンス、大道芸用のアクトがあるんですがそれは同じくストリートマジックで活躍していたセリーニ(Jim Cellini)の演技を参考にしています。

で、そのセリーニととても似た演目なので興味が湧いて見ることにしました。

セリーニはスライディーニーのお弟子さんですがこの方もお弟子さんかはわかりませんがかなり影響を受けているマジシャンです。

アクトの内容

以下アクトの大体の内容です。

  • ハット(帽子)を使ったギャグ
  • シルクが消えたり出現したり
  • ウォンドが消えたり出現したり
  • コイン、ジャンボコインの演目
  • 指が袖を貫通
  • ロープ切り
  • カードツーポケット
  • 帽子から客のカードが飛び出すカード当て
  • ペーパーボールオーバーザヘッド
  • 靴から石
  • 口からボール(演技のみで解説なし)

こういった演目では最後にカップアンドボールをやることが多いですがこの方は口からボールが最後の演目になってました。

絵を見るとカップは持っているのでもしかしたらやることもあるのかもしれませんが。

気になったアクト

ハット(帽子)を使ったギャグ

小ネタですが面白いです。帽子に腕を入れていくと腕が消えていく演出です。

手の先のほうが消えるのと、腕が消えちゃうのと2つやってます。

練習したいと思います。

ウォンドの消失

消し方は少し変わってます。消している最中に持ち替えたりしています。最後はがま口の財布から出てきます。

セーターの袖に指が貫通

これは面白いです。即レパートリーに入れました。

これはコインが出現した後に消えて袖から出現させてます。その後に袖に指を貫通させています。ウケてますしお客さんの服装などによりますが状況が合えばやりたいです。

ロープマジック

1本から始まって3本になって3本のロープの長さが変わる有名な手順です。

3本のロープの改めがとても参考になりました。

ジャンボコイン

ジャンボコインは売っているジャンボコインではなく丸い銀の板を使っていました。音がいいようなことを言っていたような。

そういえばセリーニも銀板か鉄板かわかりませんが使っていました。

そう考えるとわざわざジャンボコインを買うこともないかなと思いました。ただちょうどいいサイズの丸い銀板が売っているのかどうかがわかりません。探してみようと思います。

因みにこの方はジャンボコインのルーティーンのDVDも出しているようです。ただ現在ではあまり売っていないようでした。

ハット(帽子)から客のカードが飛び出す

これはおそらく初めて見ましたがとても気に入りました。

ハットから客のカードが飛び出します。

下から弾いているのであまり分厚くないハットがいいと思います。

パーラーの環境などでもやってみたいなと思いました。

因みに左手でブレーク後に左手の小指でずらしてからダイアゴナルパームシフトをしています。

私はこれを結構長いこと練習していますがどうしても完璧に出来ません。小指の先が小さいからか滑ってしまうことが多いです。うまい方がいましたらコツを教えて下さい。

ペーパーボールオーバーザヘッド

スライディーニーのやり方と似ていました。

トイレットペーパーを使っています。

最後にハットを消すのは参考になりました。

コインが片膝、両膝を貫通

小指を使う天海ピンチ((ゴッシュマンピンチ)小指でのバックパームです)を使うのですがやってみた所、やはり左手がぎこちなくなります。両手で同じ様に出来るように練習しようと思います。

ロック(大きな石)が靴から出現

これはいいですね。ドリンク瓶が出てくるのはよくありますが石の方が説得力があるように思いました。(もしかしたら最初から石が入っていたのと思わせる説得力です)

すぐにやりたいですがどこかでちょうどいい石を探してこなければなりません。こういう時は都心に住んでいると不利ですね。

口からボール(演技のみで解説なし)

通常こういったストリートマジックのトリネタにはカップアンドボールが多いのですがこのマジシャンはよくある口からボールをトリネタにしています。

カップアンドボールと違い、テーブルが無くてすむのが利点ですね。

中盤からボールを出して伏線を張って盛り上げていきます。

最後に大きなボールが出てくるのもカップアンドボールと類似しています。

解説がないのは少し残念です。

見ればコピーできますがやはり解説をしていない演目をコピーするのは気が引けます。

しかしいいネタなので自分なりの方法を見つけてやってみたいなと思いました。

注意点

マジシャンは昔のタイプと言う感じなのかそれほど詳細に解説してはいません。

まあ昔のマジシャンは見て芸を盗むという感じでしょうか。

最近の懇切丁寧な解説に慣れている人だと少し不満かもしれません。

私は元々の種を知っているので困ることはないですが初心者の方などだとどうやっているのかわからないというところもあるかもしれません。

そもそも定番的なところは解説を飛ばして重要なところだけというところもあります。

理解が出来ない場合はセリーニなど他の方のレクチャーDVDの購入が必要になるかもしれません。

ストリートマジシャンが使っているケース

マジシャンが使っているケースですが上に乗っかっても大丈夫な丈夫なケースです。

よく見る形ですが名前は「ペリカンケース」と言うそうです。

この上に乗って演技をすることで観客に見やすくそして目立ちます。

私はグローブ・トロッターのスーツケースを何種類か持っていますしそれは紙製ですが丈夫なので上に乗っても大丈夫ということになっています。

でも値段もするので上に乗っかる勇気は無いです。

雑に使えていいなと思ったので私も1つ欲しくなりました。

あまりやる機会がありませんがストリートマジックや大道芸のご依頼もお待ちしております。

関連記事

リンク

マジシャン / マジシャン 出張 / マジシャン 派遣 / マジックショー / マジシャンを呼ぶ費用 / マジシャン 出前

作成者: えいち / H

マジシャンのえいち / Hです。
東京でプロマジシャン|出張、派遣をやってます。
記事の感想、コメント、質問などはTwitterにお願いします。
フォローも良かったらお願いします。
Instagram / YouTube / Facebook