カテゴリー
マジック

Dealing With It Season 2 by John Bannon レビュー

アメリカ、シカゴのマジシャンジョン バノン氏のDealing With It Season 2というカードマジックを集めた作品集です。
Genii Magazineの2018年のコラムを集めたものだそうです。
Season 1に続けて2つ目のDVDです。

作品では簡単で賢いOn The Borderが良かったです。これはレパートリー入りです。Flipside AssemblyとLa Giacondaも悪くないです。
その他はまあまあですかね。悪くはないですが気になるところがあったりインパクトが少し弱かったりなど。ただ参考になりますし賢いなといつも思うのでした。

このDVDをおすすめするマジシャンは何度も書いてますがあまりテクニックを使わずに賢くそしてインパクトのあるカードマジックをやりたい方におすすめです。若い人にもいいですがやはり年配の方にやってほしいですね。
もちろんプロマジシャンにもおすすめします。
安いので1と2の同時購入をおすすめします。どちらかだけと言われると迷いますがその場合は1ですかね。
すべての作品の演技動画がYoutubeに上がってますので気になる方はまずは見てみてください。

最近のバノンさんはかなり元気がない感じですがこの作品ではまだ元気な感じです。ただ1よりは少し元気がないように感じました。

DVDの作り方はスタジオ以外での撮影があり少し手抜きしています。MoveZeroの様な色々な女性客が見たかったところです。

Dealing With It Season 2 by John Bannon – DVD Price: $20.00

その他のSeasonレビュー
Season 1 | Season 3

目次

Chicago Fire

シカゴオープナーを色違いのカードの代わりに裏に付箋を貼ることで余分なカードを必要としなくした手順。

ダブルのカットフォースのところが気になりますね。このアイデアのまま違う手順でできないかを考え中。

使う技法
カットフォース
Jay Ose False Cut
表向きでタッチフォースを使ったスイッチ

La Giaconda

2枚のJackの間に一瞬で客のカードが出現するというお話のカードマジック。簡単でいいですね。最初のJackの出現の演出も気に入りました。

使う技法
ボトムティルト
3カードキャッチ カードマジック辞典のQuick as a Wink


★On The Border

客の選ぶカードを2枚のカードでそれぞれバリュー、数字とスーツ、マークを予言している。
セットアップが必要ですが上級者であればその場でカルしてセットして即興で可能。
オリジナルはアレックス・エルムズレイ。
大昔のバノンさんの作品集ImpossibiliaのHeart of the cityで使われていたスウィッチ技法が使われてます。

ジョグシャッフル or アイルランドシャフル
グリンプス
ブラザージョンハーマン ミステリーカードのスウィッチ

動画はトップに貼ってあるトレーラーの後半に収録されています。

Prophet Motive III

客がシャフルしてカットして選んだカードが最初にマジシャンが予言していたカードと一致する。

使うテクニック
Hybrid Holdout
Jay Ose False Cut
カットフォース

少し長いですよね。最初のワンパイルはシャフルしてないのが気になるので2枚パームしてしてパイル交換とかはどうでしょうか?

Rockstars

4枚のAを1枚ずつデックの中に入れていきますが最後のAが4枚のAでした。

使うテクニック
ブリザークリンプとコーナークリンプ
シークレットアディションしてからSpread which hides cards
シャーリアカット
ミスコール

クリンプカードの代わりにひっくり返したカードを使っても出来ますね。

Three Part Harmony

マジシャンがカットした所からKingが4枚出現。Kingを4つのパケットに分散するけど1箇所に集まる。4つのパケットのトップからはAが出現。

セット
フォールスシャフル
Bullet Catcher、スイングカットによるKingの出現。解説ではマルローのオーバーハンドシャフルして客がストップを言って4つのパケットを作ったトップから出現する方法を解説。
マルローのスイッチ、4枚のカードをインジョグでターンオーバーしてブレーク。トップをターンノーバーして3枚をシークレットアディションして持ち上げる。

BONUS – Flipside Assembly

4枚のAが一箇所に集まる。

技法
ビドルムーブ
Book Break ターンオーバーしたパケットのブレークを保持する。

バノンさんの演出もいいですし簡単にできていいですね。

BONUS II – also learn:The JB Double Lift

スチュワードゴードンターンオーバーを簡単にしたバージョンです。カードをたわませたり弾いたりして自然な感じを出しています。
ブレークは必ず作ってからスタートしてます。
自然に見せるところの動作はそれなりに練習が必要そうです。

関連記事

作成者: えいち/H

マジシャンのえいち/Hです。
東京でプロマジシャン|出張、派遣をやってます。
記事の感想、コメント、質問などはTwitterにお願いします。
フォローも良かったらお願いします。
Instagram / YouTube / Facebook