カテゴリー
マジック

Bullet Party John Bannon 感想・レビュー

アメリカ、シカゴの弁護士でありながら世界的にも有名なマジシャン、ジョン・バノンの作品DVDを見たので感想などを書いてみようと思います。
2011/2 リリースなので結構前の作品です。前作のBullets After Darkをこの前に鑑賞してます。
東京堂出版からジョン・バノン カードトリック HIGH CALIBER と言う書籍が出てますがそこが出典で1つだけその前に出たジョン・バノン カードマジック Dear Mr.Fantasyが出典になってます。DVDは英語なのもありますし本と一緒に観ると理解が深まると思います。

個人的にFinal VerdictPoker Pairadox ReduxWickedは良かったです。

フラクタルと言うジョン・バノンさんが提唱するエンドクリーンのパケットトリックがいくつかありました。
悪くは無いのですが凄く良いと言うところまでは行きませんでした。

個人的に少し低調な評価もありますがもう少し作品について時間をかければ評価も上がるかもしれません。どれも質は良いです。
テクニカル的にはそれほど難しくないですがミスディレクションが必要なところも多いので中級者の方やプロに教わりながらやると良いかなと思いました。

Bullet Party (2 DVD Set) by John Bannon & Big Blind Media – DVD Price: $40.00

ジョン・バノンのその他のレビューはこちら

マジシャンのマジックショー出張、派遣はこちら

目次

VOLUME I

VOLUME II

VOLUME I

Bullet Party

4枚のカードで数えるたびにスペードのAが表向きになったり裏向きになったりJokerになったり。
最後はJokerが他のAに変わりスペードのAにの裏の色も変わる。
エルムズレイ・カウント
エルムズリー・カウントでフラストレーション・ムーブをするトリプル・プレー・ディスプレーを使用

トリプル・プレー・ディスプレーは他のパケット作品でも使われているものです。
ここはどうしても欠点になりますが連続のカウントでAとJokerが変化するのはこの作品の利点です。
最後も驚くでしょう。
マジシャンの見せる技量が問われます。

元はアレックス・エルムズリーのFour Card Trick

評価:まあまあ

ジョン・バノン カードトリック HIGH CALIBER P132

Final Verdict

客がカットしたパケットのトップから4枚のAが出現。
Smoke and MirrorsのDirected Verdictの最終バージョンです。
最初に見たときはDirectedの方が良いかなと思い、次に見たときにはFinalがいいかなと思いましたが演るならDirected演るかな。

評価:良い

John Bannon Penguin LIVE ACT / ジョン・バノンのペンギンライブ

ジョン・バノン カードマジック Dear Mr.Fantasy P84

Box Jumper

カードボックスに入れた客のカードとマジシャンの選んだカードが入れ替わる。

技法

フレキシブル・スイッチアウトはコンヴィンシングコントロールの様な技法で2枚をずらした状態でスイッチする。
コンビンシングよりも簡単そうだけど違和感を出さないようにするのは少し難しいかも。

ドロップ・スライトTip-Over Switchとかチェンジとか言われるもの。
これも意外と難しい

フォールアウト・ムーブはベンゼイス・スピン・アウトの代わりにバノンが考えたカードの出現技法。
考え方はベンゼイス・スピン・アウトと同じだけど垂直に動くのでスペースが狭くても大丈夫。

評価:もうひとつ

ジョン・バノン カードトリック HIGH CALIBER P177

Riverboat Poker

メモの通りセットして配るとマジシャンのところに4Aが揃います。もう一度やると客がフルハウスですがマジシャンはロイヤルストレートフラッシュが揃います。

メモを客に見せてスタックを組む演出はとても良いです。
ただ2回目は配るたびに一人の客ずつ降りていく変わったストーリーなのがいまいちですかね。
そのまま普通に配って行くほうがシンプルでいいかな。配られた全てのカードから一番強い手を作ってもらってもいいし。

評価:少し良い

ジョン・バノン カードトリック HIGH CALIBER P48

Poker Pairadox Redux

テキサスホールデムポーカーと言う2枚のカードを配ってハイカードのペアーが来ると強いというのを題材にした16枚のばらばらの4種類のA、J、Q、Kがおまじないをかけるとペアーになる。

Move Zero (Vol 3)でもやってました。Reduxとあるのがリセットがすぐに出来るバージョンだそうです。Move Zero (Vol 3)ともこのバージョンです。

評価:良いです。

Move Zero (Vol 3)
ジョン・バノン カードトリック HIGH CALIBER P192

Fractal Re-Call (Revised)

2つのパケットの1つが全てスペードのAに変わってもう片方が4枚のAに変わりもう片方がロイヤルストレートフラッシュに変わる。

最初8枚を取るところが実演では本と同じ、カバード・ハーマン・カウント / Covered Hamman Countを使っているが解説ではビーザースライド?を使っている。
ハーマンはどうしてもスイッチが怪しくなるがこれは先に最初の1枚の下に7枚を隠しとるが最後はスムーズになる。
1枚目は注目させないようにする必要がある。

現象は良いですが今のところはまあまあかな。

ジョン・バノン カードトリック HIGH CALIBER P100

Crocodile False Cut

3分割で手の上で出来るフォールスカット。
裏、表、裏で重ねて表を抜き出す変わったカット。

こういうのはやらないね。
いまいち。

VOLUME II

Mega ‘Wave

4枚のQから客が選んだのが裏返る。もうひとつのパケットを広げるとそのQが表向きで出て来て裏は他と違う色。その他のカードはJoker。最初に裏返ったカードを見るとSmoke and Mirrorsと書いてある。

どうしても最初のすり替えるところが難しいですね。
ここが上手くミスディレクションできれば使えます。
演出は魔法をかけて裏返るでいいかな。JokerはブランクにしてSmoke and MirrorsをJokerにする。
要テーブル

とりあえずまあまあ。

ジョン・バノン カードトリック HIGH CALIBER P90

Fat City Revisited

2段階のサンドイッチカード。2回目は客のカード以外がサンドイッチされる。

簡単ですね。2回目は思ったカードがサンドイッチされると言うギャグでもいいです。
最初のサンドイッチはとても早いのでインパクトがあります。
要テーブル

まあでもまあまあですかね。

ジョン・バノン カードトリック HIGH CALIBER P185

Wicked

邪悪な黒いQのに捕まったドロシーが良い赤いQの間に逃れます。
2回目は移動しませんがすでに逃げていました。

最初のカウントが難しいので上手くミスディレクションをかけなければいけません。
ここさえクリアーできればストーリーも面白くとても良いでしょう。

課題はあるが良い。

ジョン・バノン カードトリック HIGH CALIBER P185

Bullet Catcher

4枚のAプロダクション。自由にカットした所から4枚のエースが出現する。

昔のVHSのImpossibiliaのStrangers Galleryで使われてた技法です。
デモではシャッフルされたデックから簡単な方法としてカードの表を見て4枚のAを出現させてます。それをエリアス・マルティプル・シフトでトップにセットしてます。

評価:私はいまいちかな

ジョン・バノン カードトリック HIGH CALIBER P144

Drop Target Aces

4枚のAをパケットに埋めていくが最後に残った4枚のカードがA。

レナート・グリーンの作品を簡単なテクニックにした作品。
ドロップ・スライト(Tip Over Change)とその一種のロードマップ・ムーブ、デックの真ん中に差し込んだカードが口に咥えられていたなんてのでよくやられるやつを使っている。

このままだとドロップ・スライトに注目が集まってしまうので実演は難しいかな。

評価:あまり良くない

ジョン・バノン カードトリック HIGH CALIBER P148

Four Shadow Aces

エースアセンブリー
別々に置いた4枚のAが1箇所に集まります。

マーローのボールド・サブスティテューション・レイダウン / Bold Substitution Laydownと言うスイッチを使います。
ここを上手く乗り切れば後は簡単です。
アセンブリーはどう演じるのかが少しむずかしい演目です。

評価:まあまあ。

ジョン・バノン カードトリック HIGH CALIBER P155

Big Fat Bluff Aces

変わったエースアセンブリー。エースの代わりに4枚のKingが出現する。そしてAが元のパケットから出てくる。

Four Shadow Acesから続けてできるようになっている。
シーヴァ・カウント、エルムズレー・カウントとジョーダン・カウントのコンビネーションを使う。

評価:あんまりかな

ジョン・バノン カードトリック HIGH CALIBER P169

CREDITS

作品のクレジット、参照文献が表示される。

作成者: えいち/H

マジシャンのえいち/Hです。
東京でプロマジシャン|出張、派遣をやってます。
記事の感想、コメント、質問などはTwitterにお願いします。
フォローも良かったらお願いします。
Instagram / YouTube / Facebook