ZOOM経由のマジックレッスン 1~4回目

マジックレッスン by zoom
公開日: 更新日:

2/24(水)はzoomを使ってのマジックレッスン4回目だった。お客さんは岡山の瀬戸内海側の30代後半の男性の方で全くの初心者。
紙製のトランプカードは持ってなかったのでAmazonで買ってもらう。
本も買ってもらってそれに沿って基本的なところを学習しつつ簡単にできる様なのも並行して教えて行っている。
今回初めてこちらで動画撮影もした。
今回やった内容とこの前までの3回分もまとめてやった内容を記載しようと思う。

マジックレッスンのご案内

目次

  1. 2/24マジックレッスン
  2. 動画撮影
  3. 2021/2/3の内容
  4. 2021/01/27の内容
  5. 2021/01/20の内容
  6. カードマジックの参考書を案内
  7. トランプカード

2/24マジックレッスン

やった内容 2/24

  • お客さんから見やすい様にするスプレッド 右から左へ
  • 最初にスーツ(マーク)を当てて違う数字が客の数字に変化
  • お客さんが配るのを止めたカードがお客さんのカード
    カードマジック辞典 P138ストップ・カード
  • クラブ、クローバーの由来
  • トップコントロール(ルージングコントロール)
  • トップチェンジ ラリー・ジェニングスのカードマジック入門(P78)
    音が鳴らない様に
    持ち替えない
  • “近代における手品の父”と呼ばれているフランスのロベール・ウーダン、「カードが巧妙に他のカードとすりかえられたときほど、強烈な効果を生むものはない」といっています
  • ヒンズーシャフルによるトップコントロール
  • パケットのトップとボトムカードのスイッチ
  • ボトムディール 大辞典P79
  • 4枚のカードを記憶したら違う4枚の同じスーツのカードに変化
  • 同じスーツの4枚のカードが違うスーツに変化
  • カル カードマジック大辞典 P66 ホフジンザーのスプレッドカル
  • スローイングスイッチ
  • 半分ぐらいのパケットから客が選んだカードを当てる
  • 4枚の同じ数字のカードから選んだスーツを当てる
  • バラバラの天地の揃え方
  • 片手ファンを閉じる
  • ルージングコントロールを使ったフォース

YouTube動画

どんな感じでやったかを喋ってる。

動画撮影

レッスンの動画撮影を始めた。
他の方の前回のレッスンからすることにした。
こちらのお客さんは今までスマホで画面を録画していて見返したりもしている。
zoom越しで撮るよりも直接撮った方が画質もいいだろうからということではじめることにした。
最初はzoomの録画機能を使おうかと思ったがこちらでは私が小さくしか映らないのかなと思いそれはやめた。
少し試してみたら喋っている人を自動で画面を切り替えて録画されていた。
少し忙しない感じかな。
まあとりあえずはiPhoneで撮っていくかな。
ちなみに失敗したりする可能性もあるので補償はしないので心配な場合は自分でも録画する様にしてもらう。

2021/2/3の内容

  • ○ワンハンドカット 3つ
  • ○21
    マジシャンが全く見ない方法
    最後にアンダーダウンを使った当て方。
  • ○アンダーダウンの説明。
  • ○アンダーダウンを使ったカード当て
  • ▽ラリージェニングスカードマジック入門 
  • ○ おぼえたカード(ボトムのキーカードをカットして客のカードの上に持ってくる)を復習 P21
    ・客がやるカットとの組み合わせ
    ・当て方の演出。
    ・相手が目を瞑ってやる演出
    ・相手の手首を持ってやる演出。
  • ○ オーバーハンドシャフル P30
    ・トップからボトムへボトムからトップへコントロール
    ・ボトムカードスリップ
    ・いくらシャフルしてもボトムのカードは変わらない
    ・ボトム側からシャフル
    ・ラン
    ・枚数のコントロール
  • ○リフルシャフル P34
    ・トップカードとボトムカードを動かさない方法
    ・トップカードとボトムカードのグリンプス
  • ○オーバーハンドシャフルによるコントロール P37 2つ
  • △ラリージェニングスカードマジック入門
  • ○ハンカチを使ったカード当て 客が分けたところのカードが客のカード
    ・他の演出1
    ・他の演出2
  • ○客のカードをピーク(盗み見る)する方法

2021/01/27の内容

  • ○片手ファン
  • ▽ラリー・ジェニングスカードマジック入門
  • P21 おぼえたカード
  • P24 失敗は成功のもと
    ・嘘発見機の演出
    ・客にシャフルさせた場合
  • ○ボトムのカードをピークする方法
  • ○カードコントロール
    ブレークより上のパケットを上から数回カットしてテーブルに置いていき最後に下パケットを置く
  • ○カット P21
    ・混ざっている感を強める方法
  • ○フォールスカット
    スイングカットしてテーブルに置いていくタイプ
  • ○21
    ・客に好きなところから線を引いてもらって当てる演出
  • ○失敗した場合の対処法
  • ○ダイソーで売っているサーカスというトランプの紹介

2021/01/20の内容

これが1回目で最初にマジックレッスンの案内をしてレッスンを受けたいということだったのでそのままレッスンを開始した。
トランプカードは持ってない方だったが事前のメールのやり取りで案内したバイシクルのトランプカードをAmazonで購入されていた。

  • ○両手ファン
    ・左手で広げていく方法と右手の親指でプレッシャーをかけて広げる方法の2つ
  • ○片手ファン
  • ○リボンスプレッド
  • ○カット
  • ○シャフル
    3種類を解説。
    ・ヒンズーシャフル
     日本人のシャフルに近いが右手でデックのサイドを持って左手にとっていく。
    ・オーバーハンドシャフル
     欧米人の一般的なシャフル。デックを横にしてシャフルする。
    ・リフルシャフル
     2つの束をパラパラ落としながら混ぜていく技法。紹介だけ。
  • ○トリプルフォールスカット
  • ○ディーリングポジション
  • ○メカニカルグリップ
  • ○カットフォース(クロスカットフォース)
    タイムミスディレクション
  • ○カットフォースを使ったカードの予言
  • ○ブレイク
  • ○ブレイクの移動
  • ○ダブルカットによるトップコントロール
    お客さんの返したカードの上に小指でブレークを作り右手の親指にブレークを移してブレークより下のカードをダブルカットをしてトップにコントロールする。
  • ○ドリブル
  • ○スプリング

カードマジックの参考書を案内

カードマジックの本で以下3冊が私のおすすめ。
必須ではないので余裕があれば購入を検討ください。
カードマジックをやる人でも最近はあまり本から入らないので昔の本が多い。
そのため読みづらかったり意味が難解なものもあったりする。
なので参考程度に使う感じになるかと思う。

新版 ラリー・ジェニングスのカードマジック入門

1993年初版
以下の辞典よりは読みやすいと思う。
辞典ほど網羅してないが実際に使うのには十分。
1つのテクニックを解説した後にそれを使ったマジックが紹介されている構成。

カードマジック事典 新装版 (日本語) 単行本(ソフトカバー)高木 重朗 (編集)

1983年初版
これは昔のマジシャンのバイブル。
DVDのない時代はこの本をみて勉強した。
ただ使わない様なマジックや理解が難しいのがあったりする。
テクニックの章とマジックの章で分かれてる。
解説の説明は最小限で演出などの記載はほとんどない。

図解 カードマジック大事典 新装版 (日本語) 単行本  宮中 桂煥 (著), TON・おのさか (編集)

2015年初版
これは現代のカードマジック辞典を目指して書かれた本。
辞典よりも新しいマジックが載ってる。
とはいってもYouTubeで見る様なのと比べるとかなり古いが。
700ページとかなりのボリューム。
これも基本辞書がわりに使う感じかと思う。

トランプカード

トランプカードはレッスンで必須になる。

BICYCLE バイスクル ライダーバック808 ポーカーサイズ STANDARD

マジシャンが一番よく使うカード

作成者: ひろしつちや(えいちH)

マジシャンのひろしつちや(えいち/H)です。 東京で出張、派遣のプロマジシャンをやってます。 記事の感想、コメント、質問などはTwitterにお願いします。 フォローも良かったらお願いします。 Instagram / YouTube / Facebook